マカオ 東洋と西洋が混ざり合う国

公開日 : 2018年12月17日

日本から飛行機で約5時間✈

香港からフェリーで気軽に行ける国、マカオyes

マカオは昔ポルトガルの植民地であったことから、

公用語はポルトガル語、

街並みも西洋の名残りがたくさんあります!!

看板に書かれているポルトガル語を見るだけでも

異国の地に来た感覚を味わえますwink

フェリー乗り場や空港からカジノホテルまで

無料のバスが走っているので、交通の便も一切困りません☆彡

マカオの巨大ホテルは、

ホテルによって香りが違うのです。

どこのホテルもゴージャスな香りが漂っています♡

ギャラクシーマカオとパリジャンマカオの香りは特におすすめです。

 

なんといってもcheekyカジノは外せませんね。

巨大ホテルが立ち並ぶコタイ地区、マカオのシンボルともいえる

グランドリスボアのあるマカオ半島。

どちらも風情があって、そこにいるだけでワクワクしますcryingheart

カジノは最低掛け金がホテルによって変わるので

自分のお気に入りを見つけるのも楽しいですよ!

 

そしてカジノだけではありません。

マカオ半島には30箇所の世界遺産があるのです。

アジアとは思えないような教会や聖堂、

パステルカラーの可愛い建物が街中にたくさん。

セナド広場はお土産屋さんも数多くあり、

観光客でにぎわっています☆彡

セナド広場から少し歩くと、聖ポール天主堂跡がありますwink

タピオカ屋さんや、マカオの名物ポークチョップバーガー屋さんなど

いろいろあるので食べ歩きもおすすめですenlightened

変わり種のカレーおでんも!surprise

気になる方はぜひ食べてみてくださいheart

街中にはポルトガル料理屋さんもあります。

美味しくてついつい食べ過ぎてしまいますblushblush

夜になるとカジノホテルはきらびやかに輝きます☆彡

ウィンマカオホテルでは、噴水ショーが15分に一回開催されます。

毎回音楽も噴水のパターンも変わるので、

何度でも見たくなります♡

香港から日帰りで観光する人が多いですが、

夜景やカジノを楽しむなら

絶対に宿泊することをお勧めします(*'ω'*)!